札幌のパーソナルトレーニングジムおすすめ人気5選!ダイエット効果がスゴイと口コミで人気に!

運動後にはプロテインを飲むと良い?

1人1人にフィットする的を射たトレーニング形式で、シェイプアップや希望に沿った体形を目標にするバックアップをしてくれるパーソナルトレーニングジムを運営している専門会社はたくさんあり、各々の会社によってサービスは違います。

とくに注目されているのはジムに活用されているプロテインの運動後の効果についてです。

近年ではたくさんのジムで採用されるようになってきています。

破壊されてしまった筋繊維を成長させます

まずはプロテインの役割を理解することが重要になります。

プロテインは訳すとたんぱく質という意味になります。

筋肉を生み出すためにはたんぱく質が必要となります。

トレーニングすることによって破壊されてしまった筋繊維そのものが太く生育することになります。

ウェイトトレーニングを実施すると筋繊維が壊されて、筋疲労が発生します。

筋疲労とは筋肉痛のことですが、これに関しては筋繊維自体がトレーニングによって破壊、分解されることを通じてもたらされるナチュラルな現象です。

分解されてしまった筋繊維に関しては、時間をかけつつも回復するわけですが、この際にきちんとたんぱく質が確保できているかいないかで、筋肉が付くか否かが変わってきます。

筋肉に関しては、分解及び修復を反復しながら強く成長します。

シェイプアップでは筋肉を付けつつも基礎代謝を上昇させ、体脂肪を落としていくことから、トレーニングした後の栄養補給にふさわしいと言えます。

不必要なカロリーを抑えることができます

筋肉を回復させるため求められるたんぱく質を食事だけで確保しようと考えると相当大変です。

1日あたりの欠かすことができないたんぱく質のボリュームは、体重×0.8程と言われています。

実例として、体重70kg×0.8=56g が必要です。

そして、こちらの値がトレーニングを行った場合は、体重×1.2~1.4程となるため、摂らなければいけない値は増大します。

これほどのたんぱく質を食事からのみで取り入れようと考えると、たくさんの食事を取らなければいけません。

そうなってしまうと、不必要なカロリーや糖質さらに脂質まで取ってしまうことになり、ぜい肉が付くことになります。

それに対しプロテインは不要なカロリーや脂質が含まれていないことから、たんぱく質に照準を合わせて摂り入れることが可能です。

したがって、運動後に飲むと良いといわれています。

主な種類と効果的な活用方法について

原材料の相違などからさまざまなタイプがあります。

ホエイとカゼインの相違について理解しておくことが大事です。

前者はたんぱく質が吸収されるスピードが速い特徴をもっています。

スピードが速いことから、トレーニングに因る筋肉分解や疲労を引き下げ、スピーディーに修復できます。

とりわけハードなトレーニングなどにおすすめできます。

しかし吸収が早いことから、たくさん摂取すると体脂肪へ変換されるので留意することが大切です。

後者は、たんぱく質をじっくりと吸収 します。

時間をかけるため満腹感が現れ易く、間食代わりに最適と言えます。

しかしながら、運動の直後はスピーディーに筋肉修復が必要なため、前者の方が最適です。

こうした違いをしっかりと理解した上で利用することが重要になります。

まとめ

パーソナルトレーニングにはプロテインは必要ないと考える人がいますが、よりトレーニングの効果効能を強めるために、運動後に有効に活用することは重要になります。

また、しっかりとしたジムでしたら、使用の仕方だけでなく、それに対応する運動法や食事に関しての管理なども行なってくれます。

トレーナーの指導のもと、運動後に有効活用しましょう。




サイト内検索